JavaScript Tools : URL Encoder


Bug reports or requests are welcome. See contact info in about page.
バグ報告や要望などは大歓迎です。連絡先は about ページでご確認下さい。


URL Encoder - created 22 Jan, 2012

Some of modern web browsers indicate URLs including Japanese ( or other languages ) in a human-readable style, though URL-encoded representations are used in HTTP requests. When you want to share a URL, you would copy it and paste it into another application or window. But it won't do well. The pasted URL should be URL-encoded.
This tool will URL-encode a given URL, except some characters such as slashes - the path separator.

一部の最近のブラウザでは、URLに日本語などを含む場合、それらがURLエンコードされた状態でHTTPリクエストに載せられているにも関わらず、画面上には人間が読める形で(即ち日本語などで)表示されます。URLを何らかの形で共有したいと思ったとき、表示されているURLをコピーして別の場所へペースト(貼付ける)人が多いでしょう。しかしそれは有効ではありません。URLはURLエンコードされていなければならないのです。
このツールは与えられたURLをURLエンコードしますが、パス区切りを表現するスラッシュなどはエンコードしません。

For example(例)

http://www.example.com/テスト.html -> http://www.example.com/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88.html

source :

result :

back home